においも汚れもクリーニング。冷蔵庫のおそうじ、どこから始めればいい?

毎日使っているのに、あまり掃除しない人も多いのが冷蔵庫です。
しかし、冷蔵庫は食材を保管する場所なので、不衛生な状態が続くと雑菌が繁殖して食中毒の原因になることも。
また、長期間掃除していないと色々な食材の匂いが染みつきやすいため、冷蔵庫を開けた時に嫌な匂いが気になっている人も多いです。
そんな冷蔵庫を清潔に保つためにも、定期的に中をきれいに掃除しましょう。
今回は、冷蔵庫の掃除の大まかな手順をご紹介します。

冷蔵庫の掃除は順序良くスピーディーに

冷蔵庫は食材を保管しているので、あまり時間をかけて掃除すると中の食材が傷む可能性があります。
特に夏場は冷蔵庫に入れておかないと、すぐにお肉などの生鮮食品が腐ってしまうため、手早く順序立てて掃除を進めていきましょう。
また、冷蔵庫の掃除をすることは、奥に眠っている古くなった食材を捨てるいい機会でもあります。
単純に汚れを落とすだけでなく、消費期限切れのものがないかチェックしながら掃除を進めていきましょう。

冷蔵庫の掃除の手順

電源を抜いておく

まずは安全のために、冷蔵庫の電源を切っておきましょう。
冷蔵庫の電源プラグが影に隠れている時は、中の食材を取り出して冷蔵庫が軽くなってから移動させて抜いてください。

中の食材をチェック

次に冷蔵庫の中に入っている食材を全て取り出して、いらないものを捨てましょう。
ただし、傷みやすい肉や魚などの生鮮食品は、一旦クーラーボックスに避難させておくのがおすすめ。
半端になったドレッシングや調味料は、この機会に処分して少しでも冷蔵庫内の荷物を減らすことを心がけてください。

パーツを洗剤で洗う

冷蔵庫に備え付けられている棚、トレイ、ケースは全て取り外して、一つずつ洗剤で洗いましょう。
大体の汚れはお皿を洗う中性洗剤で落ちますが、こびりついた汚れはタライに重曹大さじ1~2杯入れた液体に、パーツを浸け置きして汚れを落としましょう。
重曹は自然成分なので、口に入れる食材に触れても体に害がありません。

冷蔵庫内を重曹水で掃除

また、冷蔵庫内も重曹水を入れたスプレーボトルで、全体を濡らして放置しましょう。
こうすることで庫内についた食べ物のカスやシミが取れやすくなり、ベタつきがとれてツルツルになりますよ。
重曹水は冷蔵庫の中に食品臭やカビの臭いを抑える効果もあるので、正に冷蔵庫掃除において一石二鳥のアイテムです。
30分ほど放置したら、乾いた布で重曹水をていねいに拭き取りましょう。

アルコールで消毒

重曹水で汚れを落としたら、パーツと冷蔵庫内をアルコールで除菌するとより安心です。
冷蔵庫内は湿度が高くカビが繁殖しやすいので、アルコールで全体を除菌しておけば食材が長持ちしてカビが発生しづらくなりますよ。
アルコールをパーツや冷蔵庫内に吹き掛けたら、こちらも乾いた布で水滴を拭いておきましょう。

冷蔵庫の外側を拭き掃除

中を掃除して食材を戻したら、最後に冷蔵庫の外側の汚れをきれいにしましょう。
特に普段見えない冷蔵庫の上の部分は、ホコリが溜まりやすい場所です。
まずはイスの上に乗って、濡れた雑巾で溜まったホコリをきれいに拭きとってください。
また、冷蔵庫の持ち手の部分は一日に何回も家族全員が触れる場所なので、汚れが付着して不衛生な状態。
必ず、アルコールなどで除菌しながら隅々まできれいに拭きましょう。
油汚れがひどいときは、クエン酸を水に溶いたクエン酸スプレーを使い、掃除をすると油を分解して除菌効果があります。

まとめ

冷蔵庫は口に入れる食材を保管する場所なので、できるだけ清潔に保ちたいですよね。
長期間掃除していないとカビや異臭の原因になるため、せめて3ヶ月~半年に一回は全体をきれいに掃除して最後に除菌することをおすすめいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加