余ったカレーの保存・アレンジアイデア3つ

カレーはまとめて大鍋でグツグツ煮ると、味が染みておいしく仕上がりますよね。
しかし、大鍋で作るとその日のうちに食べきれずに、たくさん余ってしまうこともあります。
そんなとき残ったカレーをどうやって保管するのが良いのでしょうか?
また、そのままカレーとして食べるだけでなく、色々なアレンジメニューにすると、何日も飽きずに最後まで美味しくカレーを食べられますよ。
今回は、カレーの保管方法とアレンジアイデアをご紹介します。

カレーの保管方法について

rice-244291_640

1日目のカレー

通常、カレーはお鍋に入れたままだと1日程度で菌が繁殖してしまいます。
そのため、できるだけ長く持たせるには冷蔵庫か冷凍庫に入れておきましょう。
特に夏場は気温が高く、短時間で雑菌が繁殖するので食中毒の危険も高くなります。
カレーが冷めたら常温の場所に置いたままにせず、早めにタッパーなどに移して保存しましょう。

冷蔵庫の場合は、2~3日程度おいしくいただくことができますよ。
ただし、カレーの匂いが冷蔵庫について取れなくなることもあるため、最もおすすめなのはフリーザー用パックに入れて冷凍庫に保管すること。
空気を抜いてフリーザパックに入れておけば、1か月間はおいしく食べることができるので、作り過ぎた時は冷凍しておきましょう。

カレー簡単アレンジレシピ

カレーを作り過ぎてしまうと、3日間連続でメニューがカレーになってしまうこともありますよね。
しかし、作ったカレーは色々な料理に簡単にアレンジできるので、カレーに飽きたときはぜひアレンジレシピに挑戦してみましょう。
二日目に残ったカレーの簡単アレンジアイデアをご紹介します。

定番のカレードリア

casserole-231967_640

・材料

カレー…100g
ご飯…お茶碗一杯分
トマト…半分
ピザ用チーズ…お好み
塩コショウ…少々

・作り方

①耐熱皿にご飯を入れて、その上に薄くスライスしたトマトを並べます。
②トマトの上に二日目のカレーをかけて、さらにピザ用チーズをお好みで散らします。
③オーブントースターで加熱し、チーズにこんがり焼き目がつけば完成です。

お好みでキノコやコーンをトッピングして、ピザ風にしてもおいしいですよ。

朝食にぴったり!簡単カレーホットドッグ

・材料hot-dog-295092_640

コッペパン…1個
カレー…お好み
ロングウインナー…1本程度
コーン缶詰…大さじ1
マヨネーズ
塩コショウ
マスタード

・作り方

①カレーはコッペパンに挟みやすいよう具材をスプーンで細かく潰しておき、電子レンジで温めます。
②ロングウインナーをフライパンで焦げ目がつくまでこんがり焼きます。
③コッペパンに切れ込みを入れて、そこにロングウインナーを挟みカレーをかけましょう。
④その上からコーンを散らし、お好みでマヨネーズ、塩コショウ、マスタードをかけます。

他にもレタスなどの野菜を挟むと、さっぱりして朝食にもぴったりの簡単カレーホットドッグの完成です。

お弁当のおかずになる!カレーいなり

…。

…。

・材料

薄上げ…2枚
カレー…適量
ごはん…適量
ピザ用チーズ…お好み
タバスコ…お好み

 

・作り方

①薄上げを半分に切って中を開き袋状にします。
②カレーとご飯を混ぜ合わせたものを、1の油揚げの中に詰め込みましょう。
③2を耐熱皿に並べて、上からピザ用チーズをのせてオーブンで表面が焼けるまで加熱します。
④お好みでタバスコをかければ完成です。

手を汚さずにカレーが食べられる、お弁当におすすめのメニューです。
タバスコで辛みをプラスすれば大人も楽しめるメニューになりますよ。

まとめ

カレーは冷凍庫に入れれば長期間保存することが可能です。
ただし、一度作っておけば色々なメニューにアレンジできるのもカレーの魅力の一つ。
いつものカレーに飽きたら、ひと手間加えたアレンジレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加