意外と見落としがちな、階段のお掃除方法

リビングや寝室とくらべてあまり目立たない階段は、つい掃除もおろそかになりやすいです。
しかし、階段は毎日使う場所ですので、短期間でもたくさんのほこりが溜まってしまいます。
今回は、そんな見落としがちな階段のお掃除方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.上からほこりを落とす

掃除は上から下に向かってが基本と言われるように、まずは階段の最上階から下に向かってほこりを落としていきましょう。

まずは、手すりの部分も乾いた雑巾などで、ほこりを下に落としてから階段を掃除していきましょう。
手すりをひととおり拭いたら、次にほうきを使ってほこりを下に向かって1段ずつ掃いていってください。
使うほうきはやや小ぶりの15~20㎝サイズのものだと、階段1段ずつを掃除しやすく軽いので手が疲れにくいです。

また、小型のハンディクリーナーを使って掃除をする方法も。
軽量で小さい掃除機なら、片手に持ったままでも階段掃除がやりやすいですよ。
ただし、すみの部分はほこりを吸い取りづらいので、ブラシタイプのアタッチメントにするのがおすすめ。
コードつきの掃除機でも掃除は可能ですが、重くて掃除するのが大変だったり、コードに足が絡まって転倒や落下の危険もあったりするので、足元に十分に注意してください。

2.水拭きする

ほこりを一通り落としたら、次は濡らした雑巾で1段ずつ拭き掃除をしましょう。
1段ずつ雑巾でコの字を描くようにして、隅々まで汚れを拭きとっていってください。

腰を落とす体勢がつらい人は、長い棒つきのフローリングワイパーで1段ずつ掃除していきましょう。
拭き掃除をしながら、階段のフローリングに光沢を出すことができるため、掃除の負担が減りますよ。

3.手すりを磨く

手すりは汚れがついている手が触れるので、雑菌が繁殖しやすくとても不衛生です。
そのため、雑巾で軽く拭くだけでなく、手垢をしっかりと落とすためにひと手間加えて清潔に保ちましょう。

手すり部分の汚れはまず乾いた雑巾で空拭きをしたら、台所用の中性洗剤を使って拭いていきましょう。
台所洗剤を濡らした雑巾全体に軽くつけて、手すり全体をていねいに拭きとっていきましょう。
中性洗剤は汚れを分解するパワーがあるので、ベタつく手すりをサラサラにすることができますよ。

また、中性洗剤でなくともボディソープを使う方法もおすすめ。
この2つは階段の手すりだけでなく、その周辺の壁紙にも使える方法ですので、手すり周辺の壁紙も一緒に磨くと清潔になりますよ。
中性洗剤で磨いた後は、再び新しい雑巾で水拭きをして洗剤のヌルヌルを落としましょう。
仕上げに乾いた雑巾で空拭きをすれば、手すりの部分の掃除が完了です。

まとめ

階段部分の掃除は段差が続くため、ほかの場所よりもケガに注意して慎重に作業を進めていきましょう。
不安な人は必ず階段に膝と片手をついて、体を安定させながら掃除をしていってください。
階段は気づいたらほこりが溜まっている場所ですので、廊下とセットでこまめに掃除していきましょう。

断捨離で下駄箱すっきり!靴の断捨離のコツ

ファッションとして足元を華やかにする靴は、色々な種類があり流行が移り変わる度に買い足している人も多いですよね。
靴は思いのほか場所をとる上、狭い玄関にある靴箱はスペースも狭いため、気づいたら靴箱に入りきらない状態になることも。
靴も必要最低限のものを残しておくことで、自然と自分に似合うファッションが定まり無駄な物が減っていきますよ。
そこで今回は、断捨離する靴の基準をご紹介します。

続きを読む

新しい洗濯表示の読み方(クリーニング編)

おしゃれ着など、衣類の素材によっては家庭での洗濯ができないものもあります。
このような衣類は、ご家庭ではあまり関係ないと考える人もいるかと思いますが、中にはクリーニング店でも簡単に洗えないものもあるので気を付けましょう。
今回は、新しい洗濯表示の中でもクリーニングの読み方を1つ1つご説明します。

ドライクリーニングのマーク

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは、水を使わないで衣類を洗濯する方法です。
その代わりに、有機溶剤という専用の液体を使って洗うプロの洗濯方法です。
最近ではおしゃれ着でも自宅で洗えるドライ衣類用の洗剤も発売されていますが、こちらはあくまでも水で洗った時の型崩れを最小限に抑えるためのもの。
ドライ衣類用の洗剤ではきれいに洗えないものもあるため、必ず表示を確認してクリーニング店で洗ってもらいましょう。

ドライクリーニングマーク一覧

image001

・パークロロエチレン、石油系溶剤を使ったドライクリーニングが可能。

image003

・パークロロエチレン、石油系溶剤を使った、弱いドライクリーニングが可能。

image005

・石油系溶剤を使ったドライクリーニングが可能。

image007

・石油系溶剤を使った、弱いドライクリーニングが可能。

image009

・ドライクリーニングができない。

 

※自宅での「弱いドライクリーニング」は、できるだけ洗濯時間を短くしたり、ドラムを回転させなかったりして、衣類への負担を減らす方法があります。
とは言っても、ドライ衣類用の洗剤で水洗いしているため、自宅で洗うと型崩れや縮みが起きることがあるため、できればクリーニング店へもっていくのがおすすめです。

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは?

ウェットクリーニングとは、本当はドライクリーニング向きの衣類に水を使って洗濯する方法のこと。
ドライクリーニングは、溶剤を使って洗うため汗や何かをこぼしたときのシミなどの水溶性の汚れを取り除けません。
そのため、このような汗ジミをきれいにするにはウェットクリーニングが必要なのです。
このウェットクリーニングは、水で繊細な素材を洗う高い技術が必要ですので、クリーニング店での洗濯となります。
これまではドライクリーニングのみのマークでしたが、今回からウェットクリーニングのマークが追加されたのでぜひ覚えておきましょう。

ウェットクリーニングのマーク一覧

image011

・ウェットクリーニングが可能。

image013

・弱いウェットクリーニングが可能。

image015

・非常に弱いウェットクリーニングが可能。

image017

・ウェットクリーニングができない。

まとめ

新しい洗濯表示は、より細かく分類されて数が倍近くになりました。
見慣れないうちは、どんな風に洗濯をすればいいのか迷ってしまいますが、以前よりもその衣類にあった方法でお洗濯がしやすくなっています。

特に私たちが毎日行う家庭洗濯のマークは、水温や洗い方の強さなどについて、しっかりと覚えておきましょう。
衣類の中には家庭洗濯ができないものもあるため、洗濯する前は必ず洗濯表示マークをチェックして、正しい方法で大切な洋服を洗ってくださいね。

掃除をしているのにトイレのにおいが気になる…もしかして、原因は壁汚れ?

最近の家のトイレはほかの部屋と同じ壁紙を使っていて、とてもおしゃれな空間のところが多いですよね。
昔は床と同じくタイルばりが基本だったため、そのまま床と一緒に壁も水洗いすることができました。
しかし、今の壁紙ではタイルのように水洗いができず、黄ばみや臭い残りが起こりやすいです。
トイレ自体を掃除していても、臭い残りが気になるときはその原因は壁紙かもしれません。
今回は、トイレの臭いの原因になる壁汚れを掃除する方法をご紹介します。
続きを読む

新しい洗濯表示の読み方(お洗濯編後編-乾燥する・干す・アイロン)

新しい洗濯表示の中でも、新しい項目として増えたのが乾燥機のマークです。
また、干し方もそれぞれ細かく分類されて種類が多くなっているので、衣類を必ずチェックして傷まない干し方を心がけたいですね。
今回は、新しい洗濯表示のうち、乾燥機と干し方、アイロンのかけ方の3つをご紹介します。

タンブル乾燥(乾燥機)の使い方

タンブル乾燥の表示マークについて

以前の洗濯表示マークには、乾燥機の項目が用意されていませんでした。
現在では多くの家で、外が晴れていないときでも衣類を乾かせる乾燥機を設置するようになったため、今年から新しく乾燥機用のマークが用意されています。
乾燥機用のマークの中の「・」は、乾燥の温度を表したものです。

乾燥機に合わない衣類を乾燥させてしまうと、縮んだりプリントに傷がついたりとトラブルの原因に。
乾燥機で衣類を乾かすときは、必ず次のマークを確認してくださいね。

タンブル乾燥のマーク一覧

image001

・乾燥機の使用が可能。排気温度の上限は80度まで。

image003

・乾燥機の使用が可能。ただし、排気温度の上限は60度までの低い設定で。

image005

・乾燥機の使用不可。

自然乾燥のしかた方について

自然乾燥のマークについて

洗濯をした後の干し方についてのマークです。
素材によっては型崩れやシワが起きてしまうので、細かく分類されたマークに合わせて干してください。
つり干しと平干しの2種類があり、つり干しはハンガーを使う方法で、平干しは吊るさないで衣類を平置きして乾かす方法です。
そこからさらに、ぬれ干しが推奨されているものがあるので注意しましょう。
ぬれ干しは、洗濯機で脱水したり手で絞ったりしないでそのまま吊るして乾かすこと。
脱水するとシワや型崩れが起きるので、洗濯が終わったらしぼらずに干してください。

自然乾燥マーク一覧

image007

・つり干し

image009

・日陰でのつり干し

image011

・濡れた状態でのつり干し

image013

・日陰で濡れた状態でのつり干し

image015

・平干し

image017

・日陰での平干し

・濡れた状態での平干し

・濡れた状態での平干し

image022

・日陰で濡れた状態での平干し

アイロンのかけ方

アイロンのかけ方のマークについて

アイロンのマークは、中に書かれた「・」が設定温度を表しています。
温度を高くし過ぎると生地を傷めてしまうので、衣類によっては当て布もしっかりとして正しい方法でアイロンをかけてください。

アイロンマーク一覧

image023

・200度が上限のアイロン仕上げができる。

image025

・150度が上限のアイロン仕上げができる。

image027

・110度が上限のアイロン仕上げができる。

image030

・アイロンがけ不可。

まとめ

洗濯した後の干し方も、衣類の素材や製法に合わせた方法にしないと、せっかくのお洋服が傷んでしまいます。
特にアイロンは温度設定を間違うと、アイロンのシミができることがあるため慎重にアイロンを使ってください。

IHクッキングヒーターをきれいに保つお掃除方法

これまでのコンロと違って凹凸がないデザインのIHクッキングヒーターは、毎日の掃除やお手入れが簡単とあって大人気です。
そんな人気のIHクッキングヒーターですが、お手入れが簡単とは言いながらも、周辺の汚れが簡単に落ちないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
汚れた部分をさっと拭けば大抵の汚れは落ちますが、やはり油汚れや焦げつきなどの頑固な汚れは、拭き掃除だけでは落ちずにそのまま黒ずみとして残ってしまうことも。
そこで今回は、できるだけIHクッキングヒーターをきれいに保つために知っておきたい、焦げ付き汚れと油汚れの落とし方などのお掃除方法のコツをくわしくご紹介します。
続きを読む

保存容器がカレー臭い…そんなときの解決法

カレーは大鍋で一度にたくさんの量を作るという人が多いですよね。
一度に食べきれなかった分は保存容器に入れて保管しますが、カレーを入れたあとの保存容器はなかなかカレーの臭いがとれなくなってしまいます。
カレーの臭いがとれないままだと不衛生ですし、ほかの料理を入れるのに抵抗がありますよね。
そこで今回は、保存容器がカレー臭いときに臭いをとる方法をご紹介します。

使い終わった後はすぐに洗うのが防止になる

カレーを食べた後の保存容器は、できるだけ早く洗うことが臭い残りを防ぐ基本です。
プラスチックの保存容器は臭いがつきやすく、洗剤で洗うだけでは臭いをきれいに取り除くのが難しいです。
特にカレーはたっぷりの香辛料が使われていて、臭い残りや容器の変色が起こりやすい料理。

まずは、カレーがなるべく保存容器にしみこまないよう、使い終わったらすぐに洗うことを心がけてください。
すぐに水で洗い流すか、洗剤をつけてていねいに洗うことで、臭いが保存容器にこびりつかなくなりますよ。

保存容器のカレー臭さをとる方法

それでは、保存容器がカレー臭くなってしまったらどんな方法で取り除けばいいのでしょうか?
自宅にあるものでも、あのカレーの臭いをしっかりと落とすことができるので、ぜひ試してみてください。

塩を入れる

塩は周りの臭いを吸着して閉じ込める性質を持っています。
そのため、洗った後の保存容器の臭いが気になったら、そこにひとつまみの塩を入れておきましょう。
こうすることで、カレーの臭いを吸着して臭い残りを防ぐことができますよ。
塩を入れた保存容器を再び使う時は、忘れずに水で洗い流ししてください。

米のとぎ汁を使う

お米のとぎ汁には乳酸菌がたくさん含まれていて、悪臭物質を分解するパワーを持っています。
乳酸菌は酸性ですので、カレーの臭いだけでなくアルカリ性の靴や衣類の汗の臭いとりにもおすすめです。
お米のとぎ汁を保存容器にたっぷりと入れ、そのまま30分放置しましょう。
その後水を捨てて、いつもどおり水とスポンジで洗い流すと臭いを落とすことができます。

重曹を使う

お掃除の万能アイテム、重曹はカレーの臭いとりにもおすすめのアイテムです。
重曹は「炭酸水素ナトリウム」と言い、弱アルカリ性の化合物です。
このアルカリ性は酸性を中和する働きがあるため、保存容器にこびりついたカレーの臭いを取り除くことができます。
保存容器に水を少々入れて、その中に重曹大さじ3~4を入れてふたを閉めたら、保存容器を持って何回か振ってください。
保存容器全体に重曹水がついたら、そのまま1日放置して水で流すと、カレー臭さがとれますよ。
重曹は安全な成分なので、食べ物を入れる保存容器に使っても安心ですよ。

まとめ

保存容器の臭い残りは、それと同時に中に雑菌や汚れが残っているサインでもあります。
特にプラスチックの保存容器は傷がつきやすく、その隙間に汚れが溜まって雑菌が繁殖することも。
気づかないうちにとても不衛生な状態になっているため、ご紹介した方法で定期的に保存容器のすみずみまできれいに掃除しましょう。